ご注文時に!!

「てんぷら」こと tenseido plusのご注文時についてのお願いです。

 

印刷時に起きる問題の一つに、「色の違い」があります。

 

思ってた色と違う。

画面で見てたのと違う。

うちのプリンターで出した色と違う。

もう少し明るく、もう少し暗く。

などなどが、寄せられます。

 

当社のようにインターネット経由でのご注文の場合、

色の見本となるものをお客様とすり合わせるの困難であります。

 

そもそも、その部分を省いて人件費などを減らして、

良い物を安くご提供が目的ですので。

 

通常の業務である、オフセットやオンデマンド印刷に限らず、

色の話は必ずします。それでも納得がいかないと立ち会いもあります。

 

印刷物にとって、色は大変重要であります。

生かすも殺すもほぼ色で決まるかもしれません。

 

そこで、てんぷらにてご入稿頂きます際のデータ(zip等)内に、

ご注意事項やご要望などを記載したテキストデータを同封頂ければと思います。

 

例えば、

・背景のグレー部分は少し暗めに。重なってる文字は読める程度。

・顔の写真は少し赤味を強めに。

・全体的に黄色に寄らないように。

など、出来る範囲にて、お応えさせて頂きます。

 

なにもないと本当に来たデータをそのまま印刷となりますので、

出来ればなんでもいいので書いて頂きたいです。

 

どちらにしても当社では必ずデータは拝見させて頂きますので、

「な〜んか変だな」や「違和感がある」などがありましたら、ご連絡させて頂きます。

 

たかが色、されど色です。

 

http://www.tenseidoplus.com

メンテナンスについて 001

メンテナンスのご連絡です。

 

3/31(日)

22:00〜22:30

 

レイアウトや機能の更新のため一時お取り扱いが出来なくなります。

 

色々か方から貴重な情報を頂き、更新させて頂きます。

 

<内容>

・TOP及び注文の流れの画像追加し、わかりやすく

・新規ご登録時に自動的に登録住所に追加

・希望数量を入れて、ヌルっと動き機能の拡張

・隠し機能の拡張

・あとは細かく色々

 

更新後にまた、様々なご意見をざっくばらんにご連絡頂ければと思います。

 

また、4/1より完全オープンとなりますので、キャンペーンにもご期待下さい。

 

http://www.tenseidoplus.com

印刷について ー加工についてvol.2ー

最初は「断裁」についてです。

 

断裁はそのまま、紙を切る行程です。

A4にする指示ならA4に四角く切ることです。

 

ほぼ全ての印刷物が最終的に通ります。

 

この断裁ですが、とても奥が深い!!

そして、最終の仕上げですので、責任も重大!!

 

逆に自分は断裁屋さんに助けられたことがあります(;_:)

塗りたしを忘れてデータを作ってしまったんです。(これはまたいつか・・)

 

自分も最初は、「ただ紙を指示(トンボ)通りに切ってるだけ」と思っていたのですが、

自分でやってみたり、行程を観察させてもらうと、凄さがわかりました。

 

例えば、

紙の硬さと刃の状態によっては、切った印刷物の束の上と下でサイズが若干違っていたり、

紙をしっかり揃える技術があったりと、勉強になる技術ばかりです。

 

断裁は考えれば考える程深いのですが、一断は一瞬です。

切ってしまったら後には引けません。

目の前のものは今まで色んな人と色んな行程の通ってきており、

断裁後には日の目を見るんですから。

 

自分だったら吐き気MAXです。

 

普通の方は絶対に見ることはないと思いますが、

断裁した紙の束(ブロック?)は本当に綺麗です。

塗り足しがあったりすると、模様にもなっていて感動します。

これが本当に一枚一枚の紙なのか??と、疑う程に。

 

ただ紙を切るだけのように見えるかもしれない行程ですが、

一つ一つに技術と知識が詰まっている、印刷物には欠かせない加工です。

 

つづく>>>

 

http://www.tenseidoplus.com

印刷について ー加工についてvol.1ー

印刷物の加工には、断裁などの仕上げ加工の他にも、

色々な加工があります。

 

その全ては、

「他にないもの」に昇格するためです。

気持ちとしては、

「自分の個性を出す」

「印象付けるため」

などがあります。

 

自分も加工には詳しくはないので、知ってる範囲内にて

書かせてもらいます。

 

自分が利用したことのある加工としては、

(製本や折りはまたにして、)

・抜き

・レーザーなどによるカット

・箔押し

・エンボス

・表面処理

くらいでしょうか。

 

それぞれ目的も異なれば、方法も価格も様々であり、

やはり主張しやすいのは、「抜き」と「箔押し」でしょうか(^^♪

 

でも逆にデザインによっては効果がなかったり、

結構高度なテクニックを要します。

 

デザインについてはあんまり専門ではないので、

技術的な話をこれからしていければと思ってます。

 

ちなみに「てんぷら」では、プロッターカットという自由な形にカットできる

オプションと、箔押しが選択できます(*´∀`*)

 

価格も手頃に設定させて頂きましたので、ご利用ください。

 

つづく>>>

 

http://www.tenseidoplus.com

立ち上げまで 010

設計がほぼ終わってしまうと、実働は淡々としてました。

 

毎週の打ち合わせは進捗状況と、少しできたサイトのデモ。

少し「こうしたい」などを言っておしまい。

 

しかし着々と出来て行きます。

 

見れる範囲が大きくなり、機能的なのも使えるようになると

まさにサイトっぽくなってきます。

 

けど、この時はまだサイトのデザインが決まってないので、

殺風景な画面での確認でした。

 

そして、サイト名もまだです。

 

そんな殺風景な画面にプログラムを組んでくれてる人たちが、

なにもないより、なにか入れておこうと、当社の名前を入れて

くれたりしたんですが、デカデカと間違った名前を入れており、

笑ってしまいました。

 

「天晴堂」

うちは「あっぱれ堂」って名前みたいです(*´∀`*)

 

ロゴは専属デザイナー、

デザインはシステム屋さんの社長さん、

使い方とかのキャプチャなどは自分、

はめ込んだ時は鳥肌が立ちました。

 

まだまだ出来てないのに鳥肌が立ちました。

 

これは、オープンの2,3ヶ月前の話です。

この時はあと少しで、完成と余裕をかましており、

この後が結構大変でした。

 

つづく>>>

 

http://www.tenseidoplus.com

オンデマンド印刷が全品10%OFF

ただいま、オープン記念としまして

「全品10%OFF」の

イベントを実施中であります(≧∀≦)

 

また、このイベントは3月で終了となりますので、

買うなら「今でしょ(^^♪」

 

印刷物は消耗品なので、出来るだけ安く出来た方がいいのは、

一消費者の自分としても同じであります。

 

全品10%OFFのキャンペーンは今後もやるかどうかわかりませんので、

この機会に是非お試し下さい(*´∀`*)

 

価格を抜きにしても、てんぷらの綺麗なオンデマンド印刷や

再注文といったサービスが御座いますので、満足頂けると思います\(^o^)/

 

http://www.tenseidoplus.com

てんぷらのロゴ

自分はtenseido plusのロゴを相当気に入ってます。

 

このロゴは昔からお付き合いのあるデザイナーさんに

制作して頂いたもので、てんぷらの専属デザイナーになります。

 

てんぷらを運営している会社は「点睛堂印刷(株)」であり、

会社名の由来は「画竜点睛」からきております。

 

竜に睛(ひとみ)を入れたことで、飛び立ってしまったことから、

物事を完成するために、最後に加える大切な仕上げの重要さを例えており、

印刷物を完成するにあたって、最後までまごころを込めて作り上げる気持ちを

表現させていただいております。

 

また、捉え方一つでこのロゴは見え方も変わり、

上で言ったように「睛(ひとみ)」であったり、

「点」といった物事の中間や完成時に関わるものであったりと、

多くの意味を持たせております。

 

やはりこれは素人には出来ず、プロだからこその完成度であると思います。

 

てんぷらではオプションでロゴのデザインも承っております。

そしてそのロゴデータも納品させて頂いております。

 

正直自分も価格的には高く感じますが、間違いなくご要望に

お答え出来ると思いますので、ご利用下さい。

 

http://www.tenseidoplus.com

印刷について ー色についてvol.4ー

やはり印刷物の色は奥が深いですね。

 

オンデマンド印刷はトナーにて印刷するのですが、

オフセット印刷(普通の印刷と言ったら)だとインクなので、

紙や環境によって色々な反応を見せます。

 

たとえば、紙によって色の出方が変わります。

印刷したときはピッタリな色だったのに、乾燥している間に

色が変わったりします。

 

また、梅雨の時は乾きにくかったり、

左右で色が少し変わったりと様々あります。

 

そのオフセット印刷もそういう現象が起きにくくなるように

機械も技術も上がっておりますが、まだ発生します。

 

それに比べて、オンデマンド印刷は、

何枚印刷してもずっと同じ色ですし、乾きを待たなくてもいいし、

左右で色が変わることはないし、前とほぼ同じのが出来上がるし、

と、いいことばかりです。

 

正直に言うと、多少問題もあります。

せっかく超マットな紙を選択しても、やはりトナーなので

表面に付いてるだけのため、紙の質感を若干失うことになります。

 

また、印刷時に高温な部分を通過するため、

色には問題ありませんが、季節によって紙の状態が変化し、

印刷に少し影響を及ぼすことがあります。

 

それでも、すぐに印刷でき、すぐに納品でき、

すぐにお客さんが受け取れるオンデマンド印刷は、

最高です(≧∀≦)

 

http://www.tenseidoplus.com

立ち上げまで 009

いざ、導入決定となると、一気に話が進みます。

 

フライング気味だった設計の段階で、オープン日は決まっていたものの、

自分の記憶ですと、ここから設計書をちゃんと書面にしていきました。

 

たぶん最初からあったでしょうけど、この設計書を契約の前に持って

いかれたら、どこでも作れてしまいますからね。

 

いままで一線を引いてたのがなくなり、更にヒートアップしました。

 

そうすると、あんだけ妄想してても、現実的な妄想が始まり、

「あれも欲しい・これも欲しい」や、「これいる?」など、

欲がマックスになります。

 

しかもこのシステム屋さんは自分以上にぶっ込んできます。

 

すごく助かりました。

 

最初なんて、カート機能なかったんですからね(;_:)

 

どうやって商品を買ってもらうつもりだったのか(・.・;)

 

学んだのは、やっぱり動いてみないとわからない部分は多い!ってことと、

多くの人に見てもらったり、意見をもらうことが重要だと思いました(^^♪

 

これからも日々、第三者目線で見て、色々な人の意見を取り入れ、

いい「てんぷら」に仕上げていきたいと思います\(^o^)/

 

つづく>>>

 

http://www.tenseidoplus.com

印刷について ー色についてvol.3ー

黒にも赤にも色々ありますが、更にズバリの色を表すために

「特色」というものがあります。

 

まさに特別な色です。

 

印刷物の色はCMYKの4色で構成されており、

その混ぜ方で無限の色使いができます。

ただそれを毎回混ぜ合わせて作るのではなく、

混ざった状態の色を買っておくと、想定した色と

大きな差は発生しにくく、どこでも大体同じ色になります。

 

だから、印刷屋さんとお客さんで、この特色の色を知っておけば、

「何番の色でお願いします」>>「了解です」と、

話が早くなります。

 

この特色もインクメーカーによって様々あり、

全く以て把握することは不可能です。

そして、特色で印刷ができるのはオフセット印刷になります。

 

オンデマンド印刷はトナーで色を表現しているので、

何色がきても絶対に4色で作り上げるしかありません。

 

でも、最近のオンデマンド印刷機とその周辺機器はすごく良くて、

ある程度の特色は再現出来やすくなっております。

もちろん、再現しやすい色と絶対にできない色が存在します。

 

絶対にできない色は本当にできません。

 

自分が体験した中では、発色の良い(明るい)

・オレンジ系

・ミドリ系

・水色系

です。

 

近づけることは出来ても同じのはできません。

そしてベタだと、粗がでます。

 

だからといってオンデマンド印刷が劣っているとは限りません。

向き不向きのあるし、想定の範囲内であれば、

オンデマンド印刷の方が早いし安いです。

 

これからはもっともっと、トナーの開発が進むと思うので、

メーカーさん頑張って下さい\(^o^)/

 

つづく>>>

 

http://www.tenseidoplus.com